頭皮の色で健康か分かる?!気になるチェック方法

頭皮の色で健康か分かる?!気になるチェック方法

みなさん、自分の頭皮の状態を見たことはありますか?
美容院などで頭皮クレンジングやカウンセリングを行う機会があった場合には、マイクロスコープなどを使用してご自分の頭皮や毛穴の状態を見たことがある方もいらっしゃるでしょう。

 

皮脂が毛穴に詰まっているなどの衝撃的な映像を見て、自分の頭皮が意外なことに汚れていることが分かった方も多いと思います。
実は頭皮を見る時にはもう1つポイントがあるのです。

 

それは頭皮の色です。
頭皮の色によって、頭皮の健康状態がわかります。
みなさんの頭皮は何色をしているでしょうか?

 

次のチェック表で確認してみて下さい。

 

頭皮の色チェック

健康な頭皮は、血管が透けているような青白い色をしています。
この色を目指して頑張りましょう。

 

赤色

赤い頭皮は、酸欠状態にあるか何らかの炎症を起こしている可能性があります。
たばこを吸う・ストレスを感じているなどが思い当たりませんか?
また、痒みやフケなどの症状に悩まされていませんか?

 

血行を良くするために頭皮マッサージを行う・炎症の場合には一刻も早く皮膚科に行くなどの処置を行いましょう。

 

黄色

黄色の頭皮は、皮脂が酸化して変色した状態です。
頭皮を触るとベタつきを感じる・髪の毛が油分でペタっとしてしまう・髪の毛を数日洗っていないなどの症状はありませんか?

 

頭皮の皮脂の分泌は女性よりも男性の方が活発だと言います。
このような状態を放っておくと、皮脂を好物とするカビ菌の一種であるマラセチアが異常繁殖し脂漏性湿疹などの深刻な症状を引き起こすことがありますので注意が必要です。

 

白色

白色の頭皮は、乾燥している状態を示しています。
男性よりも女性に多い症状です。

 

洗浄成分の強いシャンプーを使用している、髪の毛を自然乾燥している方などは頭皮の油分や水分が奪われてしまい乾燥を招いています。

 

頭皮の乾燥を防ぐためには、保湿成分に優れたアミノ酸系のシャンプーに変える・頭皮専用の保湿美容液などを使用し保湿を心掛けるなどの対策が必要です。

 

この状態の頭皮の場合、乾燥による痒み・フケに悩んでいる方が多いでしょう。

 

このように、頭皮の色でも頭皮の健康チェックを行うことが出来ます。
あまり気にすることのない頭皮ですが、月に1回は頭皮チェックを行いましょう。